本当のトコロ研究所01

高齢出産のメリットとデメリット

近年は、女性の社会進出に伴い、結婚年齢も遅くなっています。
当然のことながら、その分、出産年齢も遅くなり、高齢出産が増えています。
高齢出産とは、35歳以上で出産することで、35歳以上で初めて妊娠する人のことを高齢初産婦と言います。
一般的に高齢出産は染色体異常の確率が増えたり、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病、早産などの発生頻度が高くなるというリスクがあると言われています。
ただ高齢出産はデメリットだけではありません。
高齢出産にはメリットがあり、高齢で赤ちゃんを授かったパパやママは、赤ちゃんとの時間を大切にしようと思う人が多いと言われてます。
また、人生経験が豊富なため、少々の難題にも落ち着いてクリアできたり、年齢が高い分、それまでの貯えもあるため経済的な不安も少なく子育てに専念できると言われてます。


ホーム RSS購読 サイトマップ